エア触媒の抗酸化住宅

シャスタ陶板浴の大いなる期待。

最近、温熱療法について、
ものすごーく勉強しております。

そのきっかけとなったのは、先日、ここ、シャスタ陶板浴『神楽』に来られた、シャスタ在住のお客様から、『ドイツにもこのような施設があり、そこでは癌治療をしている』ということを聞いたからです。

それでインターネットで検索してみたら、German Cancer Therapyが出てきました。

そこには体温が105度~107度(40.5℃~42℃)になると、がん細胞は死ぬということが証明されている、ということが書かれています。 アメリカでは1990年ごろに、感染すると高熱を出す数種類の細菌をわざと患者に注射をして高熱によって癌を治療したという報告もあります。

じゃ、正常な細胞も死んでしまうのではないか?と思われますが、日本ハイパーサーミア協会によりますと、

(以下コピー)

じつは正常組織では、がん組織と同じようには温められても、血管が拡張して血液がいっぱい流れることによって、血液が車のラジエーターのように熱を運び去ってくれるのです。ところが、“がん”組織の中にある血管は温められても拡張することができないので、ラジエーターの壊れた車のようにオーバーヒートしてしまい、“がん”細胞だけが温められ死んでいくのです。
$ユカリンのシャスタ日記

しかし、“がん”細胞もただ黙って死んでいくわけではありません。当然、熱による障害を軽くしようとする機構が備わっています。温められてタンパク質が変性すると,熱ショックタンパク 70(Heat Shock Protein 70: HSP70)と呼ばれるタンパク質を産生して、熱による攻撃に立ち向かう態勢を作り、傷ついた細胞を修復していきます。HSP70は熱の攻撃だけでなく、様々な攻撃すなわち様々なストレスによって細胞に発現してきます。一回、温熱療法を行なうとHSP70が発現し、“がん”細胞を熱の攻撃から守っていますので、終了後すぐにもう一回温熱療法を繰り返しても、同じような効果は望めません。このことを温熱耐性と呼んでいます。そこで、HSP70の発現が減少してくるのを待って、2回目の温熱療法を行なった方が、より大きな効果が期待できるのです。こうしたことから、温熱療法は週に1回から3回ぐらいのペースで行うことが多いのです。

さらに、体を温めることによって免疫力が活性化されるといわれています。免疫力が高まると “がん”細胞を自分自身の力だけで排除する働きが高まります。 今後は、“がん”の増殖を抑える“がん”の休眠療法の一つとして温熱療法は期待されています。

ドイツの施設では、癌の治療として6時間の集中治療、その後週一回ずつの治療をするようです。 全身を温めて体温を上げることで、全身のがん細胞にまで熱が行き渡ることで大いなる期待が持てます。 また、抗がん剤や放射線治療と違い、副作用はまったくなし。

アメリカではハイパーサーミア(温熱療法)という名の治療があるようですが、それは抗がん剤治療や放射線治療との併用で、”箇所だけ”を温めてがん細胞を殺すという療法です。 全身を温める療法は、まだアメリカにはない、と書かれております。

私たちが、カリフォルニアの聖地でもある、マウントシャスタで経営する陶板浴施設『神楽』(本社:福井県越前市 (株)オーケン)は、室内の温度が41~43度、床温度が45度~48度、湿度10%で保たれた、抗酸化施行された空間となっております。

$ユカリンのシャスタ日記

$ユカリンのシャスタ日記

私たちの陶板浴施設は上記でご紹介した施設とは異なり、癌を治療する施設ではございませんが、がん細胞の消滅を図るアプローチは上記施設と同様と考えており、大いなる期待を感じております。

マウントシャスタの聖地で、一度体験されてはどうですか?

宿泊プランもございます。

ご質問・お問い合わせはこちらまで。
kagurashasta長音記号2gmail.com
長音記号2を@に変えてください。

エア触媒の抗酸化住宅

Facebookで読んだ記事2

FacebookでNAGAIproさんが記載していた記事です。

*******************************************************

春 苦み、 夏は酢の物、 秋 辛み、 冬は油と心して摂れ

春は、冬に身体に溜まった脂肪分を削ぎ落とすために、ほろ苦い物を食べましょう。

夏は、食欲が落ちるので、酢の物のようなあっさりした物を食べましょう

秋は、冬に向かって身を引き締めるため、秋ナスの田楽や、秋刀魚に卸大根をたっぷりかけた物を食べましょう

冬は、寒帯に近い気候になるので、身体を温める物を食べましょう

真冬にアイスなんて食べたら、身体は冷え切ってしまい、免疫力は予想以上に低下してしまいます…

37度が健康的な体温と言われています。

今、多くの女性、特に若い女性は35度台の体温の人もいるかと思いますが…かなり危険です。身体を温める習慣をしっかりつけていきましょう。

37度の人は、細胞の新陳代謝が活発になったり、免疫力が上がって病気にかかりにくかったり、腸内の善玉菌が活発に動いたりしてくれます。

体温が35度台の人は気をつけて下さい。
思考力や活動力はみるみる低下していき、自律神経やホルモン分泌が乱れ、免疫力は低下・・・
さらに怖いのは、癌細胞が一番大好きな体温が35度なのです。

そうなんです!!!

体温が下がるとガン細胞は活発化し、
42度で死滅すると報告されています。

だから、インフルエンザなどに掛かって高熱が出ることは、
実はガン細胞を殺すのに最適で、薬で解熱するのはもったいない話なんです。

1970年代にアメリカのドクターも、これを発見して、
わざとコレラ菌を注射し発熱させて治療した、という報告が残ってます。

陶板浴の床温度は48度前後に調節されております。

毎日陶板浴に入って身体を温め、低体温を改善し・予防し、
体温を上げることは免疫力向上にも繋がり最適です!

エア触媒の抗酸化住宅

Facebookで読んだ記事1

Facebookで【NAGAIpro】さんが記載していた記事です。

****************************************************************
低体温で起こる事~

●血管が縮み血液の循環が悪くなる。
(体・脳が血流不足となる)

●代謝が悪くなり、細胞・内臓・各組織の機能が低下する。
(代謝異常、変異、壊死に)

●基礎代謝が減少。
(体温1℃低下で基礎代謝12~13%減少)

●消化及び吸収機能が低下

●骨、筋肉、関節、組織、内臓、血管など全体が柔軟性・弾力性を失い硬くなる。

●白血球(特にリンパ球)の数が減り、免疫力及び再生機能が低下。
(免疫力が37%低下)

●動くと疲れやすく、気力が出ない。

一方、体温があがると

1、血行がよくなる。

2、筋肉が増えやすくなる。

3、骨密度があがり骨が丈夫になる。

4、腸の蠕動運動が活発になる。

5、脳の活性化(記憶低下や認知症の予防)。

6、代謝が促進される(酵素の活性化、細胞の若返り)。

7、自律神経の安定。

低体温になり、免疫力が37%下がれば、病氣になってくるでしょう。

そうならないためにも、体温を上げるようにしましょう。

体温の上げ方は、食事でも、運動でも、温熱治療でも、お風呂でも色々ありますから、調べて試してみて下さい☆

抗酸化陶板浴は、低体温の予防・改善に最適です。

エア触媒の抗酸化住宅

陶板浴体験談4

本社(福井県越前市にある、抗酸化陶板浴【きずな】に通われるお客さまの話。

*********************************************************************
「あんなに痛かったのが、すっかり良くなりました!!」

と、私に初めて話しかけてこられた方…

確かにこのひと月ほど、毎日のようにお見受けしたお客様です。

「坐骨神経痛で、夜も眠れなかったんです。
それがもう、まったく痛みがない。
温めるって、こんなに違うものなんですね」

確かに、最初の頃は下半身が痛そうで、ゆっくりとした歩みだったのが、
しばらくでサッサと歩かれるようになったので、”調子が良いんだな”と思ってました。

それと、ご本人は気づいてないようでしたが、お顔のむくみが取れて、
すっきりとした表情になられてました。

温めて血行が良くなると、
良いこといろいろですね

エア触媒の抗酸化住宅

陶板浴体験談3

本社(福井県越前市にある、抗酸化陶板浴【きずな】に通われるお客さまのお話。
**********************************************************************

陶板浴のいつものお客様が“今日はいいお知らせ持ってきました”と言って来られ
何かと思えば血液の検査の結果C型肝炎がすっかり治っていたとの事。

何人か違うところを治す為に来られていて知らない間に肩こりや不整脈が治っていたり
痺れが取れたり・・・・・・と皆様に喜ばれています。

毎日いいお知らせが聞けてとっても遣り甲斐があります。

エア触媒の抗酸化住宅

陶板浴体験談2

本社(福井県越前市にある、抗酸化陶板浴【きずな】に通われるお客さまのお話。

***************************************************************************

24年間にわたり花粉症で苦しんでおられたH夫人がもう出ないとのこと。

2年前に抗酸化リバース工法で改装されたI邸も、若奥さんの花粉症の症状が出なくなり、喜ばれたこともありました。

陶板浴で免疫力が上がったり、抗酸化リバース工法で空気環境が変わるんでしょうね。

エア触媒の抗酸化住宅

陶板浴体験談1

本社(福井県越前市にある、抗酸化陶板浴【きずな】の話をご紹介。

*****************************************************

弊社の抗酸化陶板浴では週4回、
陶板浴の中でホットヨガをしています。

先日水曜日にO夫人からインフルエンザにかかったので
お休みすると連絡してきました。

そこで「ホットヨガの欠席は分かりましたが、すぐに陶板浴に入った方がいいですよ」とお伝えして入っていただきました。

次の日に「本当に夜には楽になりました」と、
今度は4歳のお子さんも連れてきました。
お子さんは鼻づまりと、それに関連して中耳炎ぎみとのこと。
そのお子さんは鼻が楽になり、息がしやすくなったということです。

インフルエンザでも陶板浴
の中では誰にもうつりません

熱が出たら解熱剤などで熱を下げず、
陶板浴に入って身体を温めてやれば早く良くなっていきます。

これで何人も早く良くなっています。

また、定期的に入っている人はインフルエンザなどにかかりにくいですし、
「おかしいな?」と思ったときにすぐ入ればことなく終わりますよ。

食や睡眠と体温を正して、常に自己免疫力を高めておきましょう。

エア触媒の抗酸化住宅

New customer on 03/10/2013

We are usually closed on Sunday, but one man called this morning if he can come today. So I said, “Com’n over!!!” And he did.

This old man said he feels chilly today. (To let you know, today is 60 degrees outside and a lot warmer than usual.) He said it might be beginning of cold. So I told him, “It is the best choice to come to TOBANYOKU!!!”

After 40 minutes of bathing, he came out with pink colored face and said, “I don’t feel sick anymore! Not at all!!! This is great!!! I knew this will work.” He also even thank me for building this facility.

TOBANYOKU absolutely made his day GREAT , and he absolutely made my day SO HAPPY 🙂